犬の健康状態を把握する、重要5項目

犬の健康状態を把握する重要なサインは、食事、飲水、排泄、睡眠、遊び(動き)です。この重要5項目に異常が無ければ、当面の心配は要りません。何処かにひとつでも心配事があれば、まず、私から提案する応急処置を試してみてください。詳細は本文で。

犬の食べ過ぎと、食糞対策

健康な犬は、摂食量が多過ぎる場合、食べ残すかお腹を下して教えてくれます。ただ、なかには際限なく食べ続けて、お腹も下さず、結果として太ってしまう犬もいます。食糞に注意しながら、少しずつ摂食量を減らしましょう。詳細は、本文をご覧ください。

犬が食べないときは?

犬が食べない状態は、飼育のお悩みのなかで、もっとも重要で且つ緊急性を要します。お引越し前と同じフードを準備することはもちろんですが、人の気配を消したり、軽くふやかしたり、1品増やしたり、栄養剤等の応急処置があります。詳細は本文で。

フードを噛まない犬と、食べムラの対策

フードを噛まない(飲み込む)ときは、喉を詰まらせることがありますので、水で湿らせたり、お湯でふやかしたりして与えてみましょう。食べムラには、構ってくれない飼い主の方を妬んでいるケースもありますが、フードを変えてみる方法も。続きは本文で。

飲水と排泄から見る、犬の健康チェックの方法

犬は、常時新鮮な水を飲める環境が必要です。清潔を保ちいたずらを予防する観点から、ペットボトル式の給水器をお勧めします。うんち・おしっこは、体調の悪化(食べ過ぎやストレス)や病気(内臓疾患)の早期発見に役立ちます。詳細は、本文をご覧ください。

睡眠と遊びから見る、犬の健康チェックの方法

犬は、半分以上の時間を寝て過ごします。生活にメリハリを付け、あえて睡眠の時間を作ってあげてください。犬が、いつもの通り元気に走り回っていれば、全く問題はありません。動き方に異常は無いかを、観察してください。詳細は、本文をご覧ください。

犬の口臭と、便臭対策

口臭・便臭の主な原因は、口臭の場合はほぼ歯周病、他に食事や内臓疾患が想定されます。歯周病は歯磨きやリデンタで、食事は良質なフードへ変えることにより改善します。歯石除去と内臓疾患は、獣医による治療が必要です。詳細は、本文をご覧ください。

犬の体臭対策

体臭の主な原因は、汚れ(一般的な体の汚れ、耳・肛門腺・涙焼け等の部位毎の汚れ)、食事、皮膚疾患です。汚れはシッカリ手入れすることにより、食事は良質なフードへ変えることにより、皮膚疾患は治療することにより改善出来ます。詳細は本文で。

犬の噛み合わせに欠点が、と言われたら?

犬の噛み合わせの欠点(アンダー、オーバー、セッタン)は、ごく稀な例外を除き、日常生活に支障はありません。デメリットとしては、犬自体の価格が下がったり、遺伝したり、アンダーのしゃくれ、オーバーの舌チョロなど。詳細は、本文をご覧ください。

犬が、ヘルニアや停留睾丸と言われたら?

鼠径・臍ヘルニアと停留睾丸の治療は、原則として子犬は自然治癒の可能性があるため経過観察、成犬は外科的手術です。原因は特定されていませんが、先天的なものが多いとされています。特にヘルニアの経過観察は、重症化に注意が必要です。詳細は本文で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告