犬の健康診断は、動物病院をうまく利用しよう

犬の健康診断は、かかりつけ病院で、混合ワクチン接種の機会に合わせて年1回受けてください。触診・心音等の簡易な検査で、癌などの進行性疾患を含む大半の病気が見つかります。また、太り過ぎ・痩せ過ぎ等日常の健康指導も受けられます。詳細は本文で。

自然災害による避難命令の際、犬はどうする?

犬は、あなたに同行して避難させます。餓死や逃亡、連れ戻す際の二次災害罹災、あなたと犬のストレスを少しでも減らすためです。普段から無駄吠えをしない、トイレに排泄するしつけや、室内でブラッシングする習慣が必要です。詳細は、本文をご覧ください。

犬を交配して子犬を残す方法

まず子犬の将来(住所)を決めて、生殖機能に疾患が無い前提で、いよいよ交配を計画します。ペアを迎えて、プロのアドバイスを受けながら自宅で交配・出産が原則ですが、女の子に限り、プロブリーダーに有償で交配を依頼することも可能です。詳細は本文で。

犬の老化現象対策

あなたの犬に老化現象が始まってしまったら、マッサージ、ストレッチや、トレッドミル・水泳などの運動療法で、老化現象の進行を少しでも遅くしてあげてください。獣医や動物理学療法士など、プロの方と相談しながら実行してください。具体的な方法は本文で。

犬の老化予防策

犬の老化は、確実にやってきますが、日々の散歩と運動、食事の改善と、事故による怪我に注意して、遅くすることが出来ます。なかでも日々の散歩と運動は、骨・関節・筋肉を鍛えて老化を確実に遅くしますので、特に大切です。詳細は、本文をご覧ください。

犬の年齢の計算方法

犬は人の年齢に換算すると、小型犬では2歳で人の24歳、以降1年で4歳年を取り、中型犬では2歳で人の24歳、以降1年で5歳年を取り、大型犬では2歳で人の19歳、以降1年で7歳年を取ります。人の年齢に換算して、今何をしてあげるか計画しましょう。

犬を避妊するメリット・デメリット

犬の避妊手術は、何といってもリスクが高過ぎます。また、取り返しが付きません。太り易いこともわかっています。不要な交尾・妊娠を抑止して、生殖器疾患の発症を止め、乳がんを予防出来るメリットは認めますが、デメリットが大きいです。詳細は本文で。

犬を去勢するメリット・デメリット

犬の去勢手術は、不要な交尾・妊娠を抑止して、精巣疾患を予防して、マーキングが無くなります。太りやすくなる等のデメリットはありますが、男性ホルモンが減ることにより性格が丸くなり、飼い易くなることも期待されます。詳細は、本文をご覧ください。

犬にワクチンを接種する時期

狂犬病ワクチン接種は年1回、は義務ですが、混合ワクチン接種は年1回、は過去の常識です。体内に抗体が残っていれば、接種は見送ります。子犬期にシッカリ接種した後は、概ね2~3年に一度で充分です。接種の際は、副反応に注意が必要です。詳細は本文で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告