犬のワクチンを接種する時期

狂犬病ワクチン接種は年1回、は義務ですが、混合ワクチン接種は年1回、は過去の常識です。体内に抗体が残っていれば、接種は見送ります。子犬期にシッカリ接種した後は、概ね2~3年に一度で充分です。接種の際は、副反応に注意が必要です。詳細は本文で。

犬に接種すべきワクチンの種類

狂犬病ワクチン接種はあなたの義務、混合ワクチン接種はあなたの犬を確実に助けます。他の犬へ感染させてしまうリスクも、最小限に抑えます。小型犬は一般的にコア(5種)ワクチンを、中~大型犬は8種ワクチンを接種します。詳細は、本文をご覧ください。

犬のうんち臭対策

臭いから異常?ではなく、格段に臭いから、またいつもと違う臭いだから異常かも?と、考えてください。うんち臭の主な原因は、食事、内臓疾患と、肛門腺の手入れ不足です。良質なドッグフードへ替えることにより、かなり治るケースも多いです。続きは本文で。

犬の口臭ケア

犬の口臭は、歯の病気・食事・内臓疾患が主な原因です。犬を抱き上げたとき、ひどい口臭が漂ってくると、せっかくの愛情も半減ですよね。歯磨き・ガーゼを使ったマッサージ・液体歯磨きや、良質なドッグフードへ替えることをおすすめします。詳細は本文で。

犬と遊ぶうえで注意すべき点

それぞれの犬の体力に見合った運動量を見極める、怪我や病気に注意する、高所からの飛び降りやジャンプに注意する必要があります。基本は引っ張りっこやボール投げなど、出来るだけ横に走らせる遊びがおすすめです。詳細は、本文をご覧ください。

犬の睡眠の質を高める

犬は、あなたが与えた食事でエネルギーを摂って、熟睡の時間で疲れを取り除き、エネルギーを体に貯め込みます。住環境の変化や、あなたと一緒に寝る至福の時間も、ノンレム睡眠を阻害する要因です。他に本文では、犬の寝姿別の注意点も解説しています。

犬のうんちから見る健康チェックの方法

犬のうんちは、その大半を掴み取ることが出来れば、健康に問題はありません。問題の有無は、臭い、硬さ、色などで見極めます。特に注意が必要な軟便と下痢は、食べ過ぎ、ストレス、回虫や寄生虫、内臓疾患が主な原因です。詳細は、本文をご覧ください。

犬に水を飲ませる容器は?

ペットボトル式の給水器が、ベストな選択肢です。清潔を保ち、飲水量を管理しやすく、犬のいたずらが不可能だからです。給水器は、犬が4本脚で自然に立った状態で、ノズルの先を支障なく舐めることが出来る位置と高さに取り付けます。詳細は本文で。

犬をお迎えするときに必要なペット用品は?

犬をお迎えするときに必要なペット用品があります。住環境の変化によるストレス低減や、トイレの躾けのためにも必要です。サークルまたはケージ、ドッグフード、ベッド、トイレ、消臭剤、食器、給水器、スリッカーブラシ、留守番用おもちゃ、詳細は本文で。

犬がドッグフードを噛まないとき

犬が、ドッグフードを噛まずに飲み込む行為は、ほぼ問題ありません。大きいフードを犬歯で砕いて胃に送り、強力な胃酸を使って消化するからです。稀に大量のフードを一気に飲み込んだり、そもそも粒が大き過ぎたりして喉が詰まったときは、注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告