犬を去勢するメリット・デメリット

雄犬は、去勢したほうが良いか?

あくまで私の個人的な意見ですが、雄犬は去勢すべきです。
その理由は、あなたの犬(男の子)にとってメリットは豊富で、デメリットは僅かだからです。
このページでは、去勢手術のメリット・デメリットについて、詳しく説明します。

犬を避妊するメリット・デメリットページはこちら

去勢手術とは?

犬の不要な交尾・妊娠を抑止する目的で、雄犬の精巣と関連する器官を取り除く手術です。
技術的には、比較的簡易でリスクの少ない手術(もちろん素人は100%不可能)とされています。

現在では、大半の動物病院で日帰り手術、慎重な病院でも1泊です。
1週間後に抜糸して終了ですが、最近では溶ける糸を使って抜糸無し、という動物病院も増えています。
費用は地域により大きく異なりますが、私が勤めた犬舎がある田舎地域で8千~1万円程度、私が現在居住する東京23区内で2~3万円程度です。
未確認ですが、噂では、5万円以上かかる病院もあるようです。

まず、去勢手術のデメリットから説明します。

去勢手術のデメリット

まず、根本的なデメリットとして、あなたの犬の子孫を残せなくなります。
不要な交尾・妊娠を抑止することが目的ですから、当然ですね。
あなたの犬(男の子)に去勢手術を検討する際は、このあとに説明する去勢手術のメリットをよく理解したうえで、ご家族でシッカリ話し合ってください。

次に、去勢手術の副反応としてもっとも有名なデメリットは、「肥満」です。
獣医学会としては、去勢手術との詳細な関連性はわかってはいないものの、太りやすいという共通な認識は持っています。

もちろん、去勢手術を受けたすべての雄犬が太るということではありません。
ただ去勢手術のリスクとして充分理解したうえで、あなたの犬の術後の体重管理には、シッカリ注意を払うべきでしょう。

また、アトピー性皮膚炎や炎症性腸炎などの免疫性疾患について、発症確率が少し増えるという調査結果もあります。
参考程度に、理解しておいてください。

次に、去勢手術の主なメリットを3つ説明します。

不要な交尾・妊娠を抑止出来る

もちろん去勢手術は、不要な交尾・妊娠の抑止が最大の目的です。

出産した子犬の将来は、すべて飼主であるあなたの責任です。
本来子犬の将来は母犬の飼主の責任となりますが、あなたの犬が男の子の場合、交配させるにはあなたが別に健康な女の子を迎えるしか方法がありません。
あなたは、両親犬と生まれてきた子犬すべての将来に、責任を持つことが出来ますか?

まず交配の段階で、良質な大半のブリーダーは、交配のためにあなたの犬(男の子)を犬舎に受け入れることはありません。
ブリーダーは、あなたの犬の血統や状態がわからない(生まれてくる子犬に対して、劣性遺伝の責任を持つことが出来ない)からです。

あなたの犬の交配は、あなたが別に健康な女の子を受け入れて、獣医やブリーダー等のプロの指導を受けながら、ご自宅で交配・出産させるしか方法がありません。
あなたは、男の子に加えて新たに迎えた女の子についても、すべての責任を負わなければなりません。

そして出産時、母犬は1回の出産で、平均5~8頭程度の子犬を出産します。
小型犬種に限定しても、平均出産頭数は2~5頭程度です。
ギネスブックに載っている世界記録は、ナポリタン・マスティフ(大型犬)の24頭です。
これだけの子犬の将来(あなたを含めた譲渡先)を、あなたは責任を持って決めてあげることが出来ますか?

また動物愛護法により、法定資格を持たないあなたが、子犬を将来をプロ(ショップやブリーダー)に委託することは禁止されています。
したがって、あなたが犬を購入したショップに子犬の将来を委託することも、有償か無償かを問わず不可能ということです。

要は、たいへんな手間と責任が生じるということです。
両親犬と生まれてきた子犬の将来に、あなたがすべての責任を負うことが出来ない限り、不要な交尾・妊娠は止めるべきですね。

精巣関連の病気を予防出来る

精巣がんは、精巣を取り除きますので、当然100%予防出来ます。
もちろん、停留睾丸に起因する精巣がん発症の心配も無くなりますね。

また、前立腺肥大・前立腺炎・会陰ヘルニアなど、周囲の器官の疾病発症確率も劇的に下げることがわかっています。

マーキングが無くなり、性格が丸くなる

去勢手術は、性腺(男性)ホルモンを主に分泌する精巣と関連器官をすべて取り除きます。
その結果としてまず、あなたの犬が、片脚を上げて高い位置に排尿するマーキング行動が無くなります。
※最初の発情期前(概ね生後6ヵ月齢頃)に施術することが前提です。

また去勢手術は、男性ホルモンが劇的に減少しますので、雄犬特有の攻撃性が減ることがわかっています。
その結果、犬同士の喧嘩が減るなど、あなたの犬の性格が丸くなって飼い易くなることが期待されます。

あなたの犬(男の子)は、去勢すべきですね

去勢手術は、あなたの犬が太りやすいというデメリットはあります。
ただ、不要な交尾・妊娠を止め、精巣関連の病気発症を止め、加えてマーキング行動を止めることも出来ます。

そして、犬の性格が丸くなって、あなたが飼い易くなることが期待されます。
ご家族との話し合いで、あなたの犬は子孫を残さないと決まれば、メリットがはるかに大きいことはご理解いただけますね。

犬を避妊するメリット・デメリットページはこちら
サイトマップ(記事のメニュー)ページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする