犬にワクチンを接種する時期

狂犬病ワクチンは年1回接種、は義務

狂犬病予防ワクチンは、狂犬病予防法で、年1回の接種が義務付けられています。
まず子犬期は、最後の混合ワクチン接種から1ヵ月以上の間隔を空けてかかりつけの動物病院で接種して、接種証明書を役所に提出して畜犬登録を行います。
畜犬登録の手続きは、初回の狂犬病接種の際に、かかりつけの動物病院の先生が詳しく教えてくれるでしょう。

全国の保健所を所管する厚生労働省では、毎年4~6月を、狂犬病予防ワクチン集中接種キャンペーン期間と定めています。
キャンペーン期間内に日程を決めて、あなたへ葉書などで保健所・市民センター・公園等での集団接種を案内しています。

2年目以降は、この集団接種を利用しましょう。
子犬期に畜犬登録を行っていれば、役所から必ず案内がありますので、接種を忘れてしまうというリスクがありません。
狂犬病ワクチンは動物病院でいつでも接種可能ですが、役所の集団接種を利用すれば、あなたが保健所へ接種証明書を提出する手間が省けます。

混合ワクチンは年1回接種、は過去の常識

混合ワクチン接種の時期は、獣医により、いろいろな意見があります。
病院での接種時やホームページ等で、年1回の接種を主張する獣医が、まだかなり多いです。

私はドッグサロンを経営していますが、初回ご来店時には必ず、お客様(犬)の混合ワクチン接種証明書を拝見しています。
拝見した大半の証明書の次回接種案内欄には、実際に、接種日の1年後の日程が記載されています。

ただ現在では、混合ワクチン(コアワクチン=5種)は3年に1回、が獣医学会の主流意見です。

過剰に接種したワクチンは、抗体に排除される

仮に、あなたの犬の体内に、まだ過去に接種した混合ワクチンの抗体が残っているとします。
抗体の仕事は、体内に侵入しようとする菌やウイルスを排除することです。

したがって、この時期に新しい混合ワクチンを接種しても、体内に残っている抗体によって、直ちに排除されてしまいます。
単純に、ムダですよね。

犬の状態も接種時期に影響する

混合ワクチンにも、副反応(副作用)があります。
したがって、あなたの犬の状態(健康状態、保有体力等)によっても、接種時期は異なります。

まずあなたが正しい知識を持ったうえで、あとは、犬の状態を理解しているかかりつけの獣医と相談で良いと思います。
ここでは、正しい知識を説明します。

混合ワクチン接種の時期

子犬には、母犬から初乳経由で受け取った移行抗体があります。
移行抗体は、8週目から徐々に薄くなり、16週目でほぼ無くなるとされています。

初回のワクチン接種が早過ぎると、母犬からの移行抗体によって、ワクチンは直ちに排除されてしまいますね。
子犬期は、生後8週目を目安に1回目、その後は概ね4週おきにあと2回、最終の接種が概ね16週目になるように計画します。
最終の接種から概ね半年後に、ブースター接種という、免疫を強化するためのワクチンを再度接種します。

母乳が出ない、不幸にして母犬が出産後に亡くなった等々、子犬が母犬の初乳経由で移行抗体を受け取れないケースがあります。
ブリーダーさんやショップの担当者によく確認して、このようなケースでは、概ね生後6週目を目安に1回目(合計4回)の接種をお願いします。

2年目以降は、あなたの犬の健康診断の際に混合ワクチンの抗体検査を受けて、体内に抗体が残っていれば接種は見送ります。
あくまで私の個人的な意見ですが、上記の理由から、混合ワクチン(コアワクチン)の接種は2~3年に一度で充分です。

ワクチン接種の副反応(副作用)

ごく稀に、注射をした箇所の腫れ、痛み、脱毛、食欲不振、微熱、関節炎、貧血、過敏症などの症状が見られます。
重篤なケースですと、アナフィラキシーショックや注射部位が癌化することもあります。

副反応の発生率は、0,01~0,03%程度とされています。
あなたの犬は大丈夫ではなく、あなたの犬でも有り得ると考えて、2~3日は経過をシッカリ観察してください。

あなたが注意する点をまとめます。
1)出来れば、接種後30分は病院内で待機
2)接種当日は、ケージ内で安静
3)散歩・運動・シャンプーは接種後3日目から
この間に少しでも副反応が疑われる症状が見受けられた場合は、直ちに接種した獣医に連絡・相談してください。

犬に接種すべきワクチンの種類ページはこちら
サイトマップ(記事のメニュー)ページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする