犬の噛み合わせがアンダー(オーバー)と言われたら?

現ドッグサロン経営者としては、サロンの店頭で、『ペットショップ(ブリーダー)さんから犬を迎える際に、「犬の噛み合わせがアンダー(オーバー)ショットですが、当面の日常生活に支障はありません」と説明を受け、少しだけ値下げをしていただきましたが、本当に支障が無いかどうか心配です』というご意見をよく伺います。

ここで、正確な情報を詳しく説明します。

正常な犬の噛み合わせは?

ごく僅かなオーバーショット(人でいえば、上顎が少し前へずれた状態)です。
※ブルドッグやパグなどの短鼻系の犬は、僅かなアンダーショット(しゃくれた状態)でも、正常とされています。

犬は、食事(フード)を犬歯で砕き、ある程度小さくしてから飲み込んで、強力な胃酸で消化します。

仮にアンダーショット・オーバーショット・セッタン噛合(人と同じ状態)であっても、大半のケースでは正常な摂食が可能です。

犬歯が反対側の歯肉を傷付けてしまうなど、抜歯や歯列矯正治療が必要なごく稀なケースを除いて、日常生活に全く支障はありません。

アンダーショット

下顎が少し前へずれた状態です。いわゆる「しゃくれ」です。

子犬で、且つずれ幅が僅かですと、永久歯への生え変わりで治ってしまうこともありますが、何ともいえません。

逆に、子犬期に正常な噛み合わせであっても、永久歯への生え変わりで僅かなアンダーショットになることもあります。

アンダーショットは、当面の日常生活どころか、一生涯の生活に支障はありません。キチンと噛んで摂食することが出来ます。

デメリットは、次の5点です。

1)ごく稀に、犬歯が反対側の歯肉を傷付けることがあります。
この場合は、犬歯を抜いたり、歯列を矯正する等の治療が必要です。

2)しゃくれですから、大なり小なり外見に影響します。
アンダーの犬は、下唇が常時見えている仔が多いです。

3)ショードッグになることは出来ません。
家庭犬としては、全く問題はありません。

4)犬の価値(価格)が下がります。
あなたが持つ価値ではなく、あくまで犬の金銭的な価値ですから、犬を譲渡する予定が無ければ全く問題はありません。

5)アンダーショットは、遺伝することがあります。
遺伝ですから、子孫を残す予定が無ければ、問題にはなりません。

オーバーショット

上顎が正常な位置よりもさらに前へずれた状態です。人でいう「出っ歯」に近い状態です。

子犬で、且つずれ幅が僅かですと、永久歯への生え変わりで治ってしまうこともありますが、何ともいえません。

逆に、子犬期に正常な噛み合わせであっても、永久歯への生え変わりで僅かなオーバーショットになることもあります。

オーバーショットは、当面の日常生活に支障はありません。アンダーショットと異なり、外見も、下から覗かない限り支障はありません。

良く詰まった、とても可愛いお顔になることが多い、というメリットもあります。摂食については、一生涯支障はありません。

デメリットは、次の5点です。

1)ごく稀に、犬歯が反対側の歯肉を傷付けることがあります。
この場合は、犬歯を抜いたり、歯列を矯正する等の治療が必要です。

2)老齢期に、稀に舌チョロになることがあります。
犬の体力(筋力)が老齢によって低下すると、口から舌先が出る(いわゆる舌チョロ)ことがあります。

3)ショードッグになることは出来ません。
家庭犬としては、全く問題はありません。

4)犬の価値(価格)が下がります。
あなたが持つ価値ではなく、あくまで犬の金銭的な価値ですから、犬を譲渡する予定が無ければ全く問題はありません。

5)オーバーショットも、遺伝することがあります。
遺伝ですから、子孫を残す予定が無ければ、問題にはなりません。

セッタン噛合

人と同様に、上下の顎が揃って、噛み合わせがピッタリ合っている状態です。

セッタン噛合は、噛み合わせが合っていますので、もちろん日常生活に全く支障はありません。

キチンと噛んで食べることが出来ます。

デメリットは、次の3点です。

1)犬の価値(価格)が下がります。
あなたが持つ価値ではなく、あくまで犬の金銭的な価値ですから、犬を譲渡する予定が無ければ全く問題はありません。

2)ショードッグになることは出来ません。
家庭犬としては、全く問題はありません。

3)セッタン噛合も、遺伝することがあります。
遺伝ですから、子孫を残す予定が無ければ、問題にはなりません。

犬の噛み合わせは、気にならなければ大丈夫

要はあなたが、

1)交配して子孫を残したり、犬を譲渡する予定が無くて、

2)アンダーショットの見た目やオーバーショットの舌チョロが気にならなければ、

3)ごく稀な例外(歯肉を傷付けてしまう場合の抜歯や歯列矯正手術)を除いて、

日常生活に全く支障は無い、

ということです。

大丈夫です。安心して、育ててあげてください。

サイトマップ(記事のメニュー)ページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする