犬の口臭ケア

犬の口臭はケアすべき

犬は生きていますので、多少の臭いは当然で、やむを得ません。
ただ、あなたが犬を抱き上げたとき、ひどい口臭が漂ってくると、せっかくの愛情も半減ですよね。

私は過去に、犬のひどい口臭に悩み、試行錯誤して解決してきた経験があります。
ただ、病気の可能性もありますから、提案する処置でも改善しない場合は、かかりつけの動物病院へ相談してみてください。

犬の口臭の原因

原因は、大きく分けて

1)歯の病気(歯周病など)
歯に残った食べかすの腐敗臭、こびりついた歯垢や歯石による悪臭、そして、増えてしまった雑菌臭です。
便の状態など他に問題が無い健康な犬の口臭は、ほぼ、歯が原因といっても過言ではありません。

2)食事
穀物や脂分が多く質の悪いフードを食べて、胃のなかに悪玉菌が増えてしまった結果、食道を逆流して発生する雑菌臭です。

3)内臓疾患
内臓疾患でも、かなり臭う口臭が発生することもあります。

です。

歯磨き

犬は、もともと虫歯になりづらい動物ですが、最近の食事環境の変化により、歯のお手入れが必須となってきています。
あなたが歯のケアを怠ると、歯周病を発症して、重症化してしまうと、流動食しか食べることが出来なくなるケースもあります。

可能であれば、歯磨きがベストな処置です。歯磨きのセットは、ペット用品店で販売しています。
ただ、なかには暴れたり唸ったりして、歯磨きをさせてくれない犬もいるでしょう。

ガーゼによる拭き取りとマッサージ

軽症の(臭いが軽い)犬であれば、1日1回ガーゼを指に巻いて歯の汚れを拭き取り、併せて歯茎をマッサージするだけでも効果があります。
あなたが子犬期からキチンと手入れしていれば、歯周病の予防処置は、これだけで充分です。

リデンタ

給水ボトルにキャップ1杯を混ぜるだけの、液体歯磨きです。
この方法であれば、暴れ犬でも大丈夫、ストレス無くケア出来ます。

私自身が、出身犬舎で口臭がひどい成犬を使って、実証実験を行っています。
かなりひどい犬の口臭を、1週間でほぼ解決しました。

歯石に効果があるかどうかまでは、確認していませんのでわかりませんが、成犬の歯垢程度であれば充分に効果があります。
リテンダでケアした後に、ガーゼなどで軽く拭き取ればOKです。
100%ナチュラルな成分なので、あなたの犬がそのまま舐めても飲んでも安心です。

★お問い合わせ、購入は、以下の画像リンクからお進みください。 
「ドッグフードショップRiRibbonTokyo」

歯石除去

歯垢は歯磨きやリデンタでケアすることが出来ますが、歯垢を放置して歯石になってしまうと、飼主の方が除去することは出来ません。
歯石の除去は、かかりつけの動物病院へ相談してみてください。

食事対策

フードが原因で口臭がひどくなっても、良質なフードへ変えることによって治るケースも多いです。
私は、試行錯誤したうえで2年ほど前に、口臭や便臭がほとんど無く、食い付きの良い、良質で安価なフードに巡り会いました。

犬におすすめのドッグフード2=隠れた名品アゼット=

どの犬種にも共通する、フード選びの際に特に大切な点は、

1)臭いが少ないコロッとした少量のうんち。
あなたの犬が、栄養をシッカリ吸収している(未消化のまま排泄される食事が少ない)証拠。

2)安かろう悪かろうのフードは止めること。
良質を保つには経費が必要、最低限、メーカー推奨価格で1kg1,000円以上。

3)触ってベタベタのフードは止めること。
悪臭の主原因となる脂質が多い証拠。

の3点です。

内臓疾患対策

あなたの犬の口臭が、上記の歯や食事の処置でも治らない場合は、他に原因がある可能性が高いです。
なかでも内臓疾患の場合は、飼主の方が処置することは出来ません。
かかりつけの動物病院へ、原因の究明を含めて相談してみてください。

サイトマップ(記事のメニューページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする