犬をお迎えするときに必要なペット用品は?

最近のペット用品は多種多様で、あなたが必要と思っても、迷ってなかなか決められないこともあるでしょう。

リード・首輪・洋服・キャリーなどは、ゆっくり悩んでお迎え後に準備しても、充分間に合います。
ただ、あなたが犬をお迎えする当日から必要な最低限のペット用品は、迷っている訳にはいきませんね。

なぜ、事前に準備しなければならないか?

1)当面の日常生活に必要なモノは、事前に準備すべきだから
もしあなたが新しいお家を建てて引っ越したとき、また一部が未完成で建物へ入れなかったら、どうしますか?
仮に屋内へ入れたとしても、トイレやお風呂が未完成だったら、どうしますか?
犬も同じです。あなたの犬の日常生活に必要な最低限のペット用品は、事前に準備してあげるべきです。

2)どうしても、後回しに出来ないモノがあるから
お家(ケージまたはサークル)は、あなたの犬が住環境の変化によるストレスを解消し、自分の目が行き届いて、当面安心出来る狭い空間を創るために、後回しには出来ません。
当たり前ですが、昨日迄と同じ食事(ドッグフード)と食器も、当日から必要です。
スリッカーブラシによる毎日のブラッシングは、トイプードルやビションフリーゼなどの巻毛種については毛玉を予防するために、長毛種であっても清潔を保つために必須です。

3)排泄を躾けるうえでも、お迎え迄に準備しておくべきモノがあるから
トイレマットとペットシーツは、排泄を躾けるためにも、お迎え時に準備しておくべきです。
あなたの犬のおしっこの臭いを、早期にペットシーツへ付け(マーキング)て躾け、トイレの位置を憶えさせる必要があります。
併せて、失敗したときに臭いを消すペット用消臭剤も、躾けるうえで必須のペット用品(臭いを消さないと、失敗した同じ場所にまた排泄する)です。

それでは、何を揃えておけば良いのでしょうか?
ここでは、必須のペット用品に限定して説明します。

お家:ケージまたはサークル

ケージは、床・4面の壁・天井の6面がセットになった、「鳥かご」のようなお家です。
そのまますぐに使えますから便利ですし、6面体の既製品ですから、かなり丈夫です。
ただ、子犬の成長に合わせて後からサイズを変えることは出来ませんので、あなたの犬の成熟時サイズに合わせる必要があります。
また6面体で完全に囲われていますので、抱き上げる際や無駄吠えの躾けなどの際に、褒めたり叱ったりしにくいという側面もあります。

サークルは、お好みに合わせて面を組み合わせて作りますので、サイズや形状をいつでも自由に変えることが可能です。
天井はセットしなくても良いので、あなたが、犬をすぐに抱き上げることが出来ます。
ただケージに比較すると、大半の製品は丈夫さという点では劣りますので、体力がある中型犬以上の仔には厳しい(破壊されかねない)側面もあります。

サークルやケージの広さは、体格に合わせた犬用ベッドとトイレマットを置いて、食器を置いたりくつろいだりすることが出来る部分が多少(フセが出来る程度)あれば充分です。
あまり広すぎるお家よりも、不自由が無い程度で少し狭いお家が、あなたの犬の住環境の変化によるストレスが早期に解消し、トイレの位置も早く憶えてくれます。
ちなみに、トイプードル・ミニチュアダックス・チワワなどの小型犬であれば、90×60×60cm程度(メーカーにより多少の差異有)で良いでしょう。

食事:ドッグフード

毎日の犬の主食ですから、もちろん、あなたがお迎えした当日から必要です。

犬は、住環境の変化によるストレスから、急に食べられなくなることがあります。
最初だけは、これまでと同じドッグフードを準備してください。

ペットショップから購入する場合は、これまで与えていたモノと同じドッグフードを、2kg以上購入してください。
ブリーダーさんや保護施設からお迎えする場合は、1週間以上の量を、分けてもらってください。

寝床:犬用ベッド

夏はタオルでも代用出来ますが、秋~春は、暖かいベッドが必須です。
犬は、ベッドを必ず汚します。また特に子犬期は、噛んで壊すことも多いです。
したがって、洗濯機で丸洗い出来る、丈夫で安価な製品がおすすめです。それと、洗い替えも必要ですね。

食器:お皿

1)犬が蹴らないように重心が低く、出来れば、接地面がゴムで床に固定出来る富士山型
2)ドッグフードが変質しないように、錆びない材質(アルミかプラスチック)
の食器がベストです。
加えて、子犬期にフチが高い食器を使うと、口元がドッグフードに届かないことがありますので、注意が必要です。

給水器:ペットボトル式

応急処置としては食器で与えても大丈夫ですが、犬が蹴って床面を汚さないように、給水器の使用がベストです。
衛生的には、いつでも容器の交換が出来るペットボトル式がおすすめです。

給水器は、犬が4本の足で自然に立った状態で、給水器のノズルをムリなく舐めることが出来る位置に設置してください。
運動後や食後などの喉が渇いている時間に、給水器のノズルの前へあなたの犬を連れて来て、最初は指移しでノズルを舐めさせてください。

犬がノズルを舐めて、容器内にあぶく(泡)が発生したことを確認してください。
支障が無ければ、あなたの犬はノズルの位置を憶えて、水をキチンと飲むことが出来ています。もう大丈夫です。

トイレマット


トイレマットとは、トイレシーツをセットする台のことです。
メーカーによって呼称(S・M・L/レギュラー・ワイド・スーパーワイド)は異なりますが、3サイズに分かれています。
あなたの犬の体格に合ったトイレマットが必要です。

トイレマットは、いたずら防止のため、上の写真のようなメッシュ式のものがおすすめです。
あなたの犬が、トイレマットの上で排泄するように、躾けていきましょう。

トイレシーツ

トイレマットと同様に、3サイズに分かれています。あなたの犬の体格に合ったトイレシーツが必要です。
またシーツの厚さも、薄型・中厚型・厚型の3種類があります。
薄型が1回毎、中厚型は半日程度、厚型は1日程度で交換が必要です。
臭いの拡散と交換の手間を考えれば、中厚型がおすすめです。

トイレの躾け用の匂いが付いた、高級なトイレシーツもあります。
ただトイレシーツは、あくまで消耗品です。トイレの躾けは、自分(犬)のおしっこを使えばキチンと出来ます。
インターネット通販では、安価な業務用シーツも販売されています。
中厚型レギュラーサイズ600枚で、7~8,000円程度です。
探してみてください。

ペット用消臭剤:躾け用

犬のうんち・おしっこの臭いは、人間絡みの悪臭(皮脂臭・にんにく臭等)とは、質が異なります。
また、撒いた人間用の消臭剤(化学薬品)を、犬が誤って舐めてしまうリスクもあります。
したがって、原料は完全天然由来か許可された食品添加物(安全)で、強力な専用の消臭剤が必要です。

ペット用の消臭剤については、こちらのページでも詳しくご案内しています。
⇒ 犬にトイレをしつける方法

スリッカーブラシ

トイプードルやビションフリーゼのような巻毛種は、被毛を手入れせずに放置すると、プロのトリマーでも手に負えない毛玉になってしまうこともあります。
毛玉を予防するために、金属製の毛を取り付けたスリッカーブラシで、毎日ブラッシングする必要があります。
ミニチュアダックスやチワワのような長毛種であっても、ブラッシングによって、汚れや抜毛を取り除くことが出来ます。

おもちゃ:留守番用

1)犬が噛めて、且つ飲み込めない大きさ
2)噛んでも壊れない丈夫な材質
のおもちゃを、多めに準備してあげてください。
最初は、引っ張りっこ用のロープがおすすめです。

留守番用であれば、事前の準備は必要無いのでは? と思う方もいらっしゃると思います。
ただ、
常にご家族の誰かが在宅されているご家庭でも、常時付きっ切りで見てあげることは出来ないと思います。
また、環境の変化によるストレスの低減、睡眠時間の確保、躾けの観点からも、お迎えの当日からあなたの犬を一人にしておく時間は絶対に必要です。
犬をケージに入れてそのまま放置すると、最初は夜泣きすると思いますが、時間が経てば熟睡するかおもちゃで遊んでいます。

アイリスプラザ

上記の大半のペット用品が揃っています。一度チェックしてみてください。

ペット用品なら【アイリスプラザ】
の公式ホームページはこちら⇒


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする