犬の散歩(準備編)

散歩の目的

散歩は、適度な運動(※1)やストレス解消になるばかりでなく、犬が人間社会で生きていくための絶好な社会化教育(※2)の機会です。また、ワンちゃんの友だちや飼主の方の犬友だち(※3)が増えます。
※1=もちろん、犬種や個体差により散歩の量や時間は異なります。
※2=飼主への服従、他の人や犬への攻撃性の抑制や友好関係の促進など
※3=犬の飼育上、良き相談先になってくれます。

犬にとっても、もっとも信頼している飼主の方と一緒に、自分の縄張りを歩く共同作業ですから、至福の時間と言えるでしょう。

特に運動量が多い和犬(柴など)、猟犬(レトリバーなど)、牧羊犬(ボーダーコリーなど)の散歩は、飼育するうえで、もちろん必須項目です。

加えて、散歩をするまでの運動量を必要としない、チワワ、マルチーズ、ヨークシャーテリアなどの犬種も、ストレス解消や社会化教育のために散歩を強くお勧めします。

散歩は、他の躾けとは異なり、犬が新しい住環境に慣れている前提で、子犬よりも成犬や保護犬のほうが、経験値がある分一般的に早く躾けることが出来ます。

それではまず、準備編から説明します。

準備編

実際に散歩を始める時期は、

子犬については、必要な混合ワクチンを全て済ませ、最終の接種から2週間経過後です。

成犬・保護犬については、必要な混合ワクチンを接種済であればOKです。

以下の準備は、散歩を始める前にお願いします。

1)まず、首輪か胴輪(ハーネス)と、リードを準備します。

犬種によって異なりますが、一般的には小型犬は胴輪(ハーネス)、中~大型犬は首輪が良いとされています。

首輪は、装着した状態で隙間に指2本を入れることが出来る程度、胴輪(ハーネス)は、金具を締めた状態で、同様に指2本を入れることが出来る程度に調整します。

重要な点は、首輪が抜けないようにすることです。実際に装着したうえで、リードを軽く引っ張って、抜けてしまわないかどうかを確認してください。

胴輪(ハーネス)は、よほど緩く(体ごと抜けることが)ない限り、構造上抜ける心配はありません。

子犬は成長します。首輪や胴輪(ハーネス)は、子犬の成長を考えて準備しなければなりません。

将来の成長に備えて、締め付けの調整が出来る首輪や胴輪(ハーネス)を準備してください。

リードは、伸縮リードではなく、トラブルが発生した際すぐに手で引っ張ることが出来るものにしてください。

犬と人間との距離は、目安で1m程度(余分なリードは手に巻いておく)、アイコンタクトが出来る範囲内です。

伸縮リードもロックして引っ張ることは出来ますが、犬の突発的な行動に、ロックする分だけ対処がどうしても一歩遅れてしまいます。

またどうしても、犬が散歩の主導権を持ってしまいますので、ワガママ犬になってしまう可能性が高く、散歩の大切な目的である社会化教育上も問題が多いです。

走ってきた自転車が長く伸びたリードに引っかかって転倒し、裁判の判決により多額の賠償金を支払うことになった例もあります。

伸縮リードは、早朝の人が少ない公園で、犬に軽い運動をさせるために使いましょう。

2)次に、犬に、準備した首輪や胴輪(ハーネス)に慣れてもらいます。

犬のなかには、最初は特に首輪を嫌がったり、胴輪を装着すると固まってしまう仔がいます。

このようなケースでは、まずリボンやバンダナなどを巻き、徐々に異物に慣らしてあげてください。ご褒美(オヤツ)を併用して躾けても良いと思います。

3)首輪や胴輪(ハーネス)に慣れてきたら、次に、いつも歩いている室内で、リードを装着して歩く練習をします。

最初はリードを持って自由に歩かせ、犬がリードを引っ張ったり、立ち止まったりする行為を徐々に矯正して、犬を徐々に飼主の横に付いて歩かせるように躾けていきます。

犬がリードを引っ張ったら、大きい声で「ダメ!」と言ってリードを強く引くと、犬は首や胴が締まって苦痛を感じますので、徐々に苦痛を感じないで済む飼主の横に付くようになってきます。

犬が飼主の横に付いた時点で、すぐ褒めてご褒美(オヤツ)を与えたりします。犬に、飼主の横に付けば褒められて、ご褒美(オヤツ)をもらえると認識させます。

ご褒美(オヤツ)は、キチンと横に付けるようになってきた時点で、徐々に減らしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする