犬の十戒

「犬の十戒」とは?

「犬の十戒」とは、作者は不詳ですが世界中に知れ渡っている、英文の詩です。
ノルウェーのブリーダーMrit Teigenが、引き渡した犬の飼主に渡していた「犬からご主人への11のお願い」が原典とされています。

私のような犬に係る仕事をしている者は、誰でも知っている(知らなければ明らかにモグリ)バイブルです。
ただ、犬と人間の望ましい関係を、犬から語りかける形式で書かれており、書籍化や映画化もなされています。

したがって、あなたに、もっとも参考にしていただきたい内容です。
以下、原文と日本語訳を紹介します。

【原文】

※Wikipediaに掲載中の原文を、そのまま転記しました。
1.My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.

2.Give me time to understand what you want of me.

3.Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.

4.Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

5.Talk to me. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when it’s speaking to me.

6.Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.

7.Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

8.Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

9.Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.

10.Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

【日本語訳】

※Wikipediaに掲載中の日本語訳を参考に、一部をわかりやすく修正しました。
1.私の一生は、だいたい10年から15年です。あなたと離れるのが何よりもつらいことです。どうか、私と暮らす前に、別れのことを憶えておいて欲しいのです。

2.あなたが私に何を求めているのか、私が理解するまで待って欲しいのです。

3.どうか私を信頼してください。信頼されることが、私にとって幸せなのですから。

4.私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。

5.私に話しかけてください。言葉は分からなくても、あなたの声は充分私に届いています。

6.あなたがどのように私に接したか、私は決して忘れません。

7.私を叩く前に、思い出して欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、なぜそうしないかを。

8.私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているから、といって叱る前に、私が何かで苦しんでいないかに気付いてください。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長時間日に照らされているかもしれないし、体が老いて、弱ってきているのかもしれません。

9.私が年を取っても、私の世話をしてください。あなたもまた、同じように年を取るのですから。

10.私が旅立つその時まで、一緒に傍に居てください。「もう見てはいられない」、「いたたまれない」などと言わないでください。あなたが傍に居てくれるから、最後の日も安らかに逝けるのですから。私が生涯あなたを一番愛していることを、忘れないでください。

まとめ

如何でしょうか?
「犬の十戒」をシッカリ理解したうえで飼育していただければ、虐待や飼育放棄などは起こり得ないと思いますが。

サイトマップ(記事のメニュー)ページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする