犬にトイレを躾ける方法

飼主の方は、子犬の躾けは簡単だけど、成犬の躾けは難しいと言います。

確かに、一般的には成犬の躾けは時間がかかりますし、保護犬は更に時間が必要です。

ただ、ジックリ躾けていけば、確実に入ります。

焦らずに、落ち着いて、正しく躾けてください。

躾けの際に犬へご褒美のオヤツを与えすぎて、摂取カロリーが増え過ぎないように、食事の量を調整するなどして注意してください。

※以下に記載された躾けの所要日数は、子犬を基準としたものです。特にトイレは、成犬の躾けが早いこともありますが、通常、成犬・保護犬の躾けには時間が必要です。

おしっこの躾け

おしっこは、犬のマーキングという本能を、最大限利用して躾けます。

犬のマーキングとは、尿を排泄して自分のテリトリーを主張する行為ですが、特に自分を含めた犬の尿の臭いがあると、その上から自分の尿を排泄して、テリトリーを主張します。

雌雄どちらの犬も持つ本能ですが、雄のほうに、やや強く出現すると言われています。

まず、本人(犬)のおしっこをトイレシーツに染み込ませて、そのシーツを、ケージのトイレマットへセッティングしてください。

一晩置けば臭いが付きますので、シーツは交換しても大丈夫です。

早ければ翌日中、遅くとも3日程度で、おしっこはトイレへ排泄出来るようになります。

おしっこの躾けは、一日でも早く始めてください。出来れば、お迎えした当日からお願いします。

飼主の方がトイレの位置を正確に指示してあげないと、犬はトイレの位置に迷って、最終的には、何処で排泄してもOK、と勘違いしてしまうからです。

特に子犬の場合、最初のうちは、キチンとおしっこを排泄出来たら、まず抱き上げて大きな声とボディータッチで大げさに褒めて、しばらく一緒に遊んであげることが効果的です。

子犬は、遊んで欲しくて、自分からトイレを探しておしっこを絞り出すようになります。

もともと犬は、物を口に入れて、噛んで確認する本能があります。また子犬の場合、永久歯が定着するまでは歯が痒く、噛んで痒みを紛らわす習性があります。

このような本能や習性から、トイレシーツを噛み切って、中身の吸水材を誤飲することがあります。

上の写真のようなメッシュトイレですと、シーツを噛むいたずらを予防することが出来ます。

男の子のおしっこ

男の子の場合、片脚を上げておしっこを排泄するので、ケージを汚すと言われる方が多いです。

ただ、最初の発情前(生後6~8ヵ月齢)に去勢手術を実施すれば、一生涯99.9%(※)片脚を上げておしっこを排泄することはありません。
※0.1%は、最初の発情に間に合わなかったケースと考えられます。犬の発情前に、確実に手術が出来れば、100%大丈夫です。

去勢手術は、女の子の避妊手術と比べて、獣医の初心者でもほぼ問題の無い簡易で安全な手術です。現在では、その大半が日帰り手術になっています。

ただ去勢手術は、デメリットが少ない手術ですが、精巣器官を切除してしまいますので、元に戻すことが出来ません。一度手術をしてしまいますと、取り返しがつきません。

ご家族でよく相談したうえで、子孫は残さないと決まれば、去勢手術を施すことで、トイレの躾けがとても楽になります。

不必要な交配や雌の妊娠も予防出来ますし、一般的に性格が穏やかになると言われています。

デメリットとしては、ごく稀にホルモンバランスを崩して太り、食事管理が必要となるケースが見受けられます。

中型犬より大きい男の子で、発情前に去勢しなかった場合は、片脚を上げておしっこを排泄するため、平面のトイレでは収まり切れないことがあります。

この場合は、トイレの側面にもトイレシーツを貼り付けるなどの工夫が必要です。また、メーカーによっては、男の子用の壁が付いたトイレマットもあります。

うんちの躾け

うんちの躾けは、概ね1~2週間は必要です。おしっことは異なり、時間をかけてトイレでの排泄を習慣化させるしか無いからです。

犬は、もともと清潔を好む動物です。おしっこを躾けてトイレに排泄し続けると、最初はマーキングのつもりが、徐々に自分のトイレの位置を認識出来てきます。

自分のトイレの位置が決まると、他の場所ではうんちを排泄しなくなり、トイレだけで排泄するようになってきます。

トイレでうんちをキチンと排泄することが出来たら、ボディータッチと大きな声でシッカリ褒めて、早く継続して排泄出来るように躾けてみてください。

食欲が良いガッツリ系の子犬や母犬の場合、排泄したうんちを放置していると、食べてしまうことがあります。※食糞と対処方法の説明はこちら

排泄したうんちは、夜間などやむを得ない場合を除き、極力直ちに片付けてください。

失敗しても叱らない

トイレの躾けでもっとも注意しなければならないことは、失敗しても絶対に叱らない、黙って片付けて、ペット用消臭剤で臭いを出来る限り除去することです。

犬は、トイレの失敗で飼主の方に叱られると、排泄自体を叱られたと勘違いして、排泄を我慢したり、飼主の方の視線が届かないところで排泄してしまいます。

その結果、犬のストレス、病気や、飼育環境の思わぬ悪化を招いてしまいますので、充分注意してください。

まとめ

1.おしっこの躾けは、お迎えしたらすぐに始める。

2.トイレシーツに、おしっこの臭いを付ける。

3.キチンと出来たら、ボディータッチと大きい声で大げさに褒めてあげる。

4.失敗したら、叱らずに黙って片付ける。

5.うんちの躾けは辛抱強く、食糞予防のため、確認したら直ちに片付ける。

といったところです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする