犬のうんち臭対策

犬のうんち臭

もともと、犬のうんちが、人間と同様に臭いのは当たり前です。
したがって、多少の臭いは止むを得ませんね。
あなたの犬のうんち臭については、臭いから異常?ではなく、格段に臭いから、またいつもと違う臭いだから異常かも?と、考えるようにしてください。

うんち臭の原因

大きく分けて、以下の3点です。

1.食事
犬が、穀物や脂分を多く含む質の悪いフードを食べて、腸内環境が変化して(悪玉菌が増えて)しまうと、うんちが雑菌臭でかなり臭くなります。
大抵の場合は、軟便・下痢・便秘の症状を伴います。
また、悪質なドッグフード自体が原因となり、うんちが未消化フードの腐敗臭で臭くなることもあります。

2.内臓疾患
上記1の食事からくる軟便・下痢・便秘の症状が悪化すると、消化器系(胃や腸など)の内臓疾患に罹患してしまうことがあります。
胃や腸などの消化機能が低下すると、便臭ばかりでなく口臭や体臭がきつくなったり、食糞や血便の排泄に至ってしまうこともあります。
さらに放置すると、腸内の悪玉菌が増殖して他の内臓疾患を、最悪の場合は命にかかわる病気を引き起こしてしまうこともあります。

3.肛門腺の手入れ不足
肛門腺は、肛門の下部4時と8時の位置にあり、犬が野生期にマーキング用の分泌液を排出していた腺です。
犬が他の犬のおしりの臭いを嗅ぐ理由は、この分泌液にあります。
直接のうんち臭ではありませんが、うんちと同じ肛門部分から発生する分泌液は、うんち臭と同様にかなり臭います。
犬のペット化で、特に小型犬は、液を排出する筋肉が退化しているといわれていて、あなたによる定期的な手入れ(肛門腺絞り)が必要です。

食事対策

あなたの犬のドッグフードを、良質なモノへ変えることにより、うんち臭がかなり治るケースも多いです。
特に、極端な下痢や血便を伴わないうんち臭は、ほぼ食事が原因といっても過言ではありません。

大半の犬のうんちは確かに臭いですが、 食事で、かなり改善することが出来ます。
私の現在の飼い犬は、実際にトイレを覗くまで、うんちの排泄に気付かないこともあります。

どの犬種にも共通する、フード選びの際に特に大切な点は、

1)臭いが少ない少量のうんち。
あなたの犬が、栄養をシッカリ吸収している(未消化のまま排泄される食事が少ない)証拠。

2)安かろう悪かろうのフードは止めること。
良質を保つには経費が必要、最低限、メーカー推奨価格で1kg1,000円以上。

3)触ってベタベタのフードは止めること。
うんち臭の主原因となる脂質が多い証拠。

の3点です。

犬におすすめのドッグフード2=隠れた名品アゼット=

内臓疾患対策

便臭が食事対策でも治らないときは、内臓疾患の可能性が高く、この場合は、飼主の方が処置出来ることはありません。
まずはストレスを溜めないことですが、お早めにかかりつけの動物病院へ、原因の究明を含めて相談してみてください。

肛門腺対策

中~大型犬の一部の仔は、うんちと一緒に、自分で肛門腺の分泌液を絞り出すことは出来ます。
ただ大半の小型犬は、あなたが定期的に肛門腺を絞ってあげる必要があります。
犬が長くお尻を床に引きづったり、お尻を気にして舐め続けているときは、肛門腺が溜まっている可能性が高いです。

1~2ヵ月に1回程度、片手で尾を持ち上げて、もう片方の手にティッシュを挟んで、時計で犬の肛門の4時と8時にあたる部分を、下から上へ持ち上げるように絞ってください。
あなたでも犬の肛門腺は簡単に絞ることが出来ますが、うまくいかないときは、かかりつけの病院の獣医さんやトリマーさんに絞る方法を教えてもらってください。

あなたが、月1回ベースでトリミングサロンを利用されている場合は、トリマーさんへ作業を依頼すれば、ご自宅で肛門腺を絞る必要はありません。

サイトマップ(記事のメニューページはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする