犬の老化予防策

犬の老化は、確実にやってきますが、日々の散歩と運動、食事の改善と、事故による怪我に注意して、遅くすることが出来ます。なかでも日々の散歩と運動は、骨・関節・筋肉を鍛えて老化を確実に遅くしますので、特に大切です。詳細は、本文をご覧ください。

犬の年齢の計算方法

犬は人の年齢に換算すると、小型犬では2歳で人の24歳、以降1年で4歳年を取り、中型犬では2歳で人の24歳、以降1年で5歳年を取り、大型犬では2歳で人の19歳、以降1年で7歳年を取ります。人の年齢に換算して、今何をしてあげるか計画しましょう。

犬を避妊するメリット・デメリット

犬の避妊手術は、何といってもリスクが高過ぎます。また、取り返しが付きません。太り易いこともわかっています。不要な交尾・妊娠を抑止して、生殖器疾患の発症を止め、乳がんを予防出来るメリットは認めますが、デメリットが大きいです。詳細は本文で。

犬を去勢するメリット・デメリット

犬の去勢手術は、不要な交尾・妊娠を抑止して、精巣疾患を予防して、マーキングが無くなります。太りやすくなる等のデメリットはありますが、男性ホルモンが減ることにより性格が丸くなり、飼い易くなることも期待されます。詳細は、本文をご覧ください。

犬にワクチンを接種する時期

狂犬病ワクチン接種は年1回、は義務ですが、混合ワクチン接種は年1回、は過去の常識です。体内に抗体が残っていれば、接種は見送ります。子犬期にシッカリ接種した後は、概ね2~3年に一度で充分です。接種の際は、副反応に注意が必要です。詳細は本文で。

犬に接種すべきワクチンの種類

狂犬病ワクチン接種はあなたの義務、混合ワクチン接種はあなたの犬を確実に助けます。他の犬へ感染させてしまうリスクも、最小限に抑えます。小型犬は一般的にコア(5種)ワクチンを、中~大型犬は8種ワクチンを接種します。詳細は、本文をご覧ください。

犬のうんち臭対策

臭いから異常?ではなく、格段に臭いから、またいつもと違う臭いだから異常かも?と、考えてください。うんち臭の主な原因は、食事、内臓疾患と、肛門腺の手入れ不足です。良質なドッグフードへ替えることにより、かなり治るケースも多いです。続きは本文で。

犬の口臭ケア

犬の口臭は、歯の病気・食事・内臓疾患が主な原因です。犬を抱き上げたとき、ひどい口臭が漂ってくると、せっかくの愛情も半減ですよね。歯磨き・ガーゼを使ったマッサージ・液体歯磨きや、良質なドッグフードへ替えることをおすすめします。詳細は本文で。

犬と遊ぶうえで注意すべき点

それぞれの犬の体力に見合った運動量を見極める、怪我や病気に注意する、高所からの飛び降りやジャンプに注意する必要があります。基本は引っ張りっこやボール投げなど、出来るだけ横に走らせる遊びがおすすめです。詳細は、本文をご覧ください。

犬の睡眠の質を高める

犬は、あなたが与えた食事でエネルギーを摂って、熟睡の時間で疲れを取り除き、エネルギーを体に貯め込みます。住環境の変化や、あなたと一緒に寝る至福の時間も、ノンレム睡眠を阻害する要因です。他に本文では、犬の寝姿別の注意点も解説しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告