犬にトイレを躾ける方法

トイレは、犬のマーキングという本能を、最大限利用して躾けます。おしっこは2~3日、うんちは1~2週間程度で躾けることが出来ます。男の子の場合、最初の発情前の去勢手術で、生涯片脚を上げておしっこを排泄することはありません。躾け方は本文で。

犬にオスワリ・マテ・フセを躾ける方法

オスワリ・マテ・フセといった声を掛ける躾けは、犬の突発的な行動を抑制して、飼い主の方に従わせる効果があります。オスワリは犬の重心を利用して、マテは犬が理解出来る大きな声を利用して、フセはオスワリと上下を逆にして躾けます。躾け方は本文で。

犬の噛み癖を治す方法

成長期の子犬の生理的な噛み癖と、遊びの延長上の噛み癖は、飼主の方の躾けでかなりの部分を治すことが出来ます。子犬の生理的な噛み癖は噛んでもOKのおもちゃを与えたり、遊びの延長上の噛み癖は叱って遊びを剥奪しするなどして躾けます。治し方は本文で。

犬の無駄吠えを治す方法

無駄吠えは、吠える必要が無い状況で吠えて、周囲に恐怖や不快感を与える行為で、大半の無駄吠えは治せます。要求吠えは、オスワリ・マテ・フセで抑制、ダメなときは無視、恐怖吠えは、恐怖の再現で練習するなどして躾けます。治し方は、本文をご覧ください。

犬の散歩(準備編)

散歩は、適度な運動やストレス解消に加えて、人間社会で生きていくための社会化教育の絶好の機会です。首輪か胴輪とリードを準備して、まず、いつも走り回っている室内で、犬に慣れさせましょう。飼い主の横に付くことが出来ればOKです。躾け方は本文で。

犬の散歩(実践編)

散歩は、リード・首輪・水・ティッシュ・うんち袋など必須の散歩道具を準備・携行して、絶対にリードをはずさない、オシッコは流しうんちは持って帰る等のマナーを守り、服従・抑制・促進(従わせ、褒める)をシッカリ意識して躾けましょう。躾け方は本文で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告