犬のうんちから見る健康チェックの方法

犬のうんちは、その大半を掴み取ることが出来れば、健康に問題はありません。問題の有無は、臭い、硬さ、色などで見極めます。特に注意が必要な軟便と下痢は、食べ過ぎ、ストレス、回虫や寄生虫、内臓疾患が主な原因です。詳細は、本文をご覧ください。

犬に水を飲ませる容器は?

ペットボトル式の給水器が、ベストな選択肢です。清潔を保ち、飲水量を管理しやすく、犬のいたずらが不可能だからです。給水器は、犬が4本脚で自然に立った状態で、ノズルの先を支障なく舐めることが出来る位置と高さに取り付けます。詳細は本文で。

犬をお迎えするときに必要なペット用品は?

犬をお迎えするときに必要なペット用品があります。住環境の変化によるストレス低減や、トイレの躾けのためにも必要です。サークルまたはケージ、ドッグフード、ベッド、トイレ、消臭剤、食器、給水器、スリッカーブラシ、留守番用おもちゃ、詳細は本文で。

犬がドッグフードを噛まないとき

犬が、ドッグフードを噛まずに飲み込む行為は、ほぼ問題ありません。大きいフードを犬歯で砕いて胃に送り、強力な胃酸を使って消化するからです。稀に大量のフードを一気に飲み込んだり、そもそも粒が大き過ぎたりして喉が詰まったときは、注意が必要です。

犬の食糞対策

子犬は好奇心から、母犬は捕食者から子犬を守るために食糞していたと言われていて、こうした自然な行動としての食糞は、成熟すれば、その大半は自然に治ります。ただ、稀に習慣化してしまうことがありますので、注意が必要です。詳細は、本文をご覧ください。

犬が食事を食べ過ぎると?

大半の健康な犬は、自分の適正な摂食量を理解していますが、稀に際限なく食べて太ってしまう仔がいます。この状態では適正な摂食量を見極めることが出来ませんし、運動不足で足腰が退化していきますし、思わぬ病気や怪我を招くことがあります。詳細は本文で。

犬の保険はおすすめ出来るか?

ペット保険は、高額の治療費の出費に備え、最安値で月2千円程度からのプランもあり、全国何処の病院でも使えます。さらに私がお勧めする日本アニマル倶楽部では、保障割合100%などプラスアルファの特長もあります。詳細は、本文をご覧ください。

ベランダやお庭に付いた犬のシツコイおしっこ臭対策

1)匂いでごまかすのではなく臭いを元から分解する消臭剤、2)食品添加物(出来れば天然素材)で臭いを分解して水にする消臭剤、3)安価で永く使える消臭剤が必要です。本文では、ベランダや庭のシツコイおしっこ臭対策にピッタリの商品を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告