犬が食事を食べ過ぎると?

大半の健康な犬は、自分の適正な摂食量を理解していますが、稀に際限なく食べて太ってしまう仔がいます。この状態では適正な摂食量を見極めることが出来ませんし、運動不足で足腰が退化していきますし、思わぬ病気や怪我を招くことがあります。詳細は本文で。

犬の保険はおすすめ出来るか?

ペット保険は、高額の治療費の出費に備え、最安値で月2千円程度からのプランもあり、全国何処の病院でも使えます。さらに私がお勧めする日本アニマル倶楽部では、保障割合100%などプラスアルファの特長もあります。詳細は、本文をご覧ください。

ベランダやお庭に付いた犬のシツコイおしっこ臭対策

1)匂いでごまかすのではなく臭いを元から分解する消臭剤、2)食品添加物(出来れば天然素材)で臭いを分解して水にする消臭剤、3)安価で永く使える消臭剤が必要です。本文では、ベランダや庭のシツコイおしっこ臭対策にピッタリの商品を紹介しています。

犬が食事を食べないときは?

犬が食べない状態は、飼育のお悩みのなかで、もっとも重要で且つ緊急性を要します。万一犬が全く食べられない(栄養剤も投与しない)場合、子犬は1日、成犬でも3日が限界だからです。ストレス、寄生虫や病気罹患が原因です。対策は、本文をご覧ください。

犬の食べムラの原因は?

構ってくれないことを妬んでいるケース、おやつやフードのトッピングが多過ぎるケース、現状のフードに飽きてしまったケースが大半です。症状が軽い場合は、シッカリ遊んでからフードをふやかして与えてください。重い場合は、フードを替えることも必要です。

犬の体臭対策

体臭の主な原因は、汚れ(一般的な体の汚れ、耳・肛門腺・涙焼け等の部位毎の汚れ)、食事、皮膚疾患です。汚れはシッカリ手入れすることにより、食事は良質なドッグフードへ替えることにより、皮膚疾患は治療することにより改善出来ます。詳細は本文で。

犬のヘルニア・停留睾丸の治療

鼠径・臍ヘルニアと停留睾丸の治療は、原則として、子犬は自然治癒の可能性があるため経過観察、成犬は外科的手術です。原因は特定されていませんが、先天的なものが多いとされています。特にヘルニアの経過観察は、重症化に注意が必要です。詳細は本文で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告